育毛剤 手作り

育毛剤の手作り方法

市販されている育毛剤、医師から処方される育毛剤と様々な種類がある育毛剤ですが、実は自分で手作りすることができるのをご存じでしたか?手作りする、といっても育毛剤の作り方には全く難しいことはありません。簡単に手に入るナチュラルな成分を使って作れる育毛剤なので、今すぐにでも育毛剤を作り始めることができます。皆さんも是非作り方を参考にして育毛剤を手作りしてみてください。

手作り育毛剤でよく使われる成分としては「みかんの皮」「アロエ」「センブリ」が挙げられます。そしてアルコール成分である「焼酎」も準備しておいてください。手作り育毛剤では一切添加物を使わない無添加の育毛剤が出来上がりますので、完全にナチュラルな成分だけで処方された自分だけの育毛剤を使うことができます。それでは作り方を紹介していきますね。

この中で一番作りやすい手作り育毛剤は、みかんの皮を使った育毛剤です。203日くらい日陰干しをして乾燥させたみかんの皮20個分(ヘタは取っておきます)と焼酎(1升)を混ぜて2週間ほど置いておきます。2週間経ったらみかんの皮のみを取り出し、さらに102ヶ月間ゆっくり寝かせておきます。日光が当たらないように冷暗所に保管しておきましょう。育毛剤が完成するまで時間はかかりますが、無添加の育毛剤を作るために必要な行程ですので、根気強く育毛剤の完成を待ちましょう。育毛剤が完成したら、スプレー噴射できるノズルが付いた容器に移し変えてください。その後は通常の育毛剤の使用方法と同じです。スプレータイプの育毛剤として、頭皮にスプレーしてマッサージをしながら育毛剤を浸透させていきましょう。

以上のように、誰でも簡単に育毛剤を手作りすることができますので、皆さんも是非自分だけの育毛剤を手作りしてみてはいかがでしょうか?また、手作り育毛剤を使用する前には必ずパッチテストを行うようにしてください。ナチュラルな成分といってもアレルギー反応が起きないとは限りませんので、頭皮に使用する前に二の腕の内側などに育毛剤を少量付けてパッチテストを行いましょう。しばらく置いた後にアレルギー反応が見られなければ、頭皮に使用して大丈夫です。手作り育毛剤を使用期限としては、3ヶ月が目安となっています。3ヶ月以内に使い切れるように、毎日継続して育毛を行っていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加