育毛剤 成分

育毛剤の主な成分

育毛剤には様々な成分が配合されていますが、どんな育毛剤でも主に配合している成分というものがあります。育毛剤の中心となる成分で、主に頭皮の血行を促進する成分、毛母細胞や毛根細胞に直接育毛効果を働きかける成分、炎症を抑制させる成分、頭皮を保湿する成分に分類されています。

育毛剤として特に高い効果を発揮しているのは、頭皮の血行を促進する成分であるミノキシジルやセンブリエキスなどが挙げられます。ミノキシジルは特に有名な成分で、頭皮の血管を広げて血流を良くする効果があります。血管が広がることによって、育毛剤に配合された育毛成分が浸透しやすくなるのです。血行を促進する成分は、育毛剤には欠かせない成分となっています。同じく、毛母細胞や毛根細胞に直接育毛効果を働きかける成分も育毛剤には欠かせない成分です。毛根までに直接働きかける成分なので、より育毛効果がアップします。ペンタデカン酸グリセリドやビオチンなどが主に挙げられる成分で、育毛剤の成分が毛根までしっかり浸透することが特徴です。

このような育毛剤に欠かせない成分の他、頭皮をケアしてくれる成分も育毛剤には配合されています。育毛剤を使用するにあたって、肌荒れや吹き出物などの炎症を防ぐために頭皮のケアも必要となります。頭皮ケアのために炎症を抑制させるグリチルリチン酸カリウムや頭皮を保湿するアロエエキスや昆布エキスが配合されているのです。育毛には健康的な頭皮環境が必要ですから、育毛剤にも頭皮環境を良い状態に整えてくれる成分が配合されているという訳です。特に頭皮の保湿成分は、ナチュラルな成分によって頭皮の荒れや乾燥の症状を防いでくれます。【アロエ育毛剤について】でも記載したアロエ育毛剤には、アロエの保湿成分が多く配合されていることが特徴です。

以上のように、育毛剤には主に育毛効果を働きかける成分と育毛のために頭皮環境を整える成分が配合されています。これらの成分によって育毛剤は私達の頭皮に高い育毛効果を発揮してくれます。育毛剤に配合されている成分にも気を留めながら、育毛を継続していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加