育毛剤 厚生労働省

厚生労働省は育毛剤を認めているのか

育毛剤は大きく分けて「医薬品」と「医薬部外品」の2つに分類されます。日本製の育毛剤で医薬品という表示がされているものは、厚生労働省によって認可されている育毛剤で、薬事法の厳しい規定をクリアし高い育毛効果が現れることが認められている育毛剤になります。ただし、医薬品の育毛剤は使用方法に誤りがあった場合などに副作用が起きる恐れが考えられるため、使用には十分な注意が必要となります。医薬品の育毛剤は主に医師から処方されることで使用できるものなのですが、近年では海外から個人輸入をして海外製の医薬品の育毛剤を購入する人も増加してきているので、育毛剤による副作用や業者間での様々なトラブルが問題となっています。厚生労働省に認可されている日本製の医薬品である育毛剤は医師からの処方されることで使用できるものなので、安全に医薬品の育毛剤を使いたい場合には、必ず医師の診断の元で、厚生労働省に認可されている育毛剤を使うようにしてください。

また、以上の医薬品とは別に分類されている医薬部外品の育毛剤は、厚生労働省に申請後、ある程度の育毛剤としての効果があると認定されたものを指しています。医薬品のように高い効果があるわけではありませんが、育毛剤としての効果は得られるとされている育毛剤が医薬部外品に当てはまります。医薬部外品の育毛剤は市販でも様々な種類の商品が販売されていて、近年ではインターネットなどでも購入できるようになりました。医師からの処方が必要ないので気軽に使える育毛剤ですが、アレルギーや副作用が必ずしも起こらないという訳ではありませんので、使用をする際には医薬品と同じように十分に注意しましょう。

このように育毛剤は厚生労働省に認可されているものですが、すべての人が安全に使用できるという訳ではありません。副作用やアレルギーなどが起きることも十分に考慮した上で使用するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加