発毛剤 育毛剤 違い

発毛剤と育毛剤の違い

育毛剤と同様に健康な髪の毛を育てる効果のある薬剤に「発毛剤」があります。この発毛剤と育毛剤の違いについては、様々な見解が寄せられています。育毛剤は現在生えている髪の毛を健康な状態に改善していく効果のある薬剤、発毛剤は毛母細胞や毛根細胞を活性化させて脱毛した毛穴から再度髪の毛を生やす効果のある薬剤、といった見解がおよそ一般的にされているのではないでしょうか?ですが、実は両者にはそれほど違いというものは見られないのです。「育毛」と「発毛」といった言葉の上ではその違いは見てとれますが、育毛剤と発毛剤の効果についてはどちらにも差はありません。差があるとすれば、育毛剤と発毛剤という製品名の違いよりも、その製品が薬事法によって定められている規定をクリアしている薬剤かどうかの方が重要となってきます。

育毛剤や発毛剤は薬事法によって医薬品と医薬部外品に分類されていますが、医薬品の育毛剤と医薬品の発毛剤では、両者の育毛または発毛の効果に差はありません。医薬品の育毛剤と医薬部外品の発毛剤では効果の差はありますが、同じ医薬品である場合には効果の差は見られませんので、「どちらが効果が高いのか?」などといったことは考えないようにしましょう。ただ「育毛剤と発毛剤のどちらを選んだら良いのか?」と悩むことはあるかと思いますので、その点だけをチェックしておくと良いでしょう。

育毛剤と発毛剤のどちらを選ぶべきかは、皆さんの薄毛や脱毛の症状によって違ってきます。たとえば薄毛の症状がある場合には、髪の毛を太く強くするために育毛剤を使ってみることがオススメです。育毛剤というのは「育毛」の効果が高い製品ということで、脱毛を予防する効果ももちろんありますので、特に育毛効果を得たいという場合に使うようにしましょう。反対に脱毛の症状が強いという場合には、高い発毛効果が得られる発毛剤を使ってみてください。発毛剤にも育毛成分は多く配合されていますから、生えてきた髪の毛を太く強く育てていくことも可能です。育毛剤と発毛剤の選び方としては、このように自分の症状に合ったものを選ぶことがベストです。まずは自分の薄毛や脱毛の症状をよく理解することから始めてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加