育毛剤 ホルモン

育毛剤とホルモンの関係

薄毛や脱毛の症状が現れる原因の一つに「男性ホルモン」が関係しています。男性ホルモンが過剰に分泌することで、薄毛や脱毛の症状が現れてしまうのです。男性ホルモンが関係している薄毛や脱毛の症状のことを「AGA(男性型脱毛症)」と呼び、主に成人男性が発症していますが、中には女性にもAGAの症状が現れる場合もあります。女性の場合は「Female AGA(女性男性型脱毛症)」という名称で呼ばれています。AGAとFemale AGAとでは症状が少し異なる点があり、AGAの場合は薄毛や完全に髪が抜け落ちてしまうような症状が見られますが、Female AGAの場合には完全な脱毛という症状が見られることは非常に稀で、薄毛や髪が細くなったりする症状が主に見られています。男性ホルモンが優位になってしまうことで、男性型の脱毛症状の一部が現れてしまうという訳です。AGAについての詳細は【AGAとは】でも掲載していますので、もっと詳しく知りたいという場合にはそちらもご参考にしてみてください。

このような男性ホルモンが関係している薄毛や脱毛の症状を改善するために、育毛剤があります。育毛剤には男性ホルモンを抑制される成分が配合されているので、男性ホルモンの分泌量を抑えることができ、結果として薄毛や脱毛を改善または予防することができるのです。なのでAGAやFemale AGAの場合には、男性ホルモンの抑制成分が配合されている育毛剤を選んで使用することをオススメします。血行を良くする成分や保湿効果が高い育毛剤もありますが、AGAやFemale AGAの場合には男性ホルモンの分泌を抑えることを第一に考えましょう。育毛剤にはどんなものでも血行促進成分や保湿成分は配合されていますので、頭皮環境も健康な状態に導くことができます。より高い血行促進効果や保湿効果を得たいという場合には、育毛剤を併用することもオススメです。育毛剤の併用についてはいくつか注意点があるので、その点は守って頂かなくてはいけませんが、違う育毛効果が得たい場合には育毛剤を併用してみてください。詳しくは【育毛剤は併用していいの?】に掲載しているので、是非そちらもご覧くださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加