育毛剤ランキング

ワックスタイプの育毛剤

皆さんはスタイリングの際にヘアワックスを使用しているでしょうか?実はそのワックスが頭皮や髪の毛に、良くない影響を与えてしまっているのです。いくら育毛剤で育毛成分を頭皮に与えていても、頭皮に良くないワックスを使ってしまっていては育毛剤の効果はプラスマイナスゼロです。ワックスに配合されている成分によっては、せっかくの育毛剤の効果がマイナスになってしまう場合もあります。では、どうしたらワックスを使っても髪や頭皮を傷めないで済むのでしょうか?

そこで生まれたのがワックスタイプの育毛剤です。ワックスタイプというくらいですから、使用方法は通常のヘアワックスと同じです。いつものように髪をスタイリングする感覚で、髪にワックスタイプの育毛剤を付けるだけでOKです。ワックスそのものとして使用できる育毛剤なので、髪や頭皮に良いだけではなくスタイリングも可能ということが最大の特徴です。通常のワックスには育毛成分などは配合されていませんから、使っても髪や頭皮に良い影響は与えません。それどころかワックスを使うことで育毛の妨げになってしまうことがほとんどなので、薄毛や脱毛で悩んでいる人の中には、ワックスの使用を控えている人も少なくありませんね。しかし、ワックスタイプの育毛剤には育毛成分がしっかり配合されています。ワックスタイプの育毛剤ならスタイリングしながらでも育毛ができるので、まさに一石二鳥の製品なんですね。髪や頭皮に優しい育毛成分が配合されているスタイリング剤ですから、もう髪や頭皮への悪い影響を与えてしまうことを考える必要はありません。ワックスなどのスタイリング剤の使用を控えていた人でも、安心して使うことができます。

以上のように、ワックスタイプの育毛剤はワックスとしても育毛剤としても使えるので、育毛しているからワックスの使用を控えていた人、これから育毛を始めようと思っている人にもオススメです。また、ワックスタイプの育毛剤は男女兼用になっているので、女性の皆さんでも使用することができます。育毛剤の購入に迷っているという場合には、まずワックスタイプの育毛剤から使ってみるのも良いですね。皆さんも是非ワックスタイプの育毛剤を使ってみてください。

未成年が育毛剤を使ってもいいの?

未成年の育毛剤の使用については、とてもよくされる質問の一つです。成長の妨げになったり、頭皮への影響であったりと、未成年が育毛剤の使用をすることが危険であるという原因がいくつか挙げられていることがありますが、このような原因には科学的な根拠はありません。育毛剤のパッケージには「未成年の方は使用しないでください」などといった注意書きがされていることがありますが、実際には未成年でも育毛剤を使うことはできます。育毛剤によっては、以上のような注意書きがされていないものもだんだん増えてきていますが、まだこうした注意書きがされている育毛剤もあります。ですが、その注意書きが誤った情報ですので、注意書きがされている育毛剤は未成年でも使うことができるので安心して使用してください。

また、育毛剤に対してこうした誤解があるのは、未成年への認識不足が原因となっています。未成年といってももう二次性徴期を迎えている訳ですから、薄毛や脱毛といった症状は現れてきます。薄毛や脱毛の症状は思春期を迎えた未成年でも普通にあることなので、薄毛や脱毛に悩むことは決して恥ずかしいことではありません。育毛剤は薄毛や脱毛の症状が現れ始める頃から使用することが一番良い効果を発揮しますので、未成年のうちから育毛剤の使用を始めることは非常に高い育毛効果があるのです。未成年への認識不足からこうした育毛剤への誤解が生まれてしまうことは、非常に残念なことです。もし、未成年の皆さんで育毛剤の使用について悩んでいるという場合には、パッケージに書かれている注意書きは気にせずに、どんどん使用を始めてください。年齢を重ね、薄毛や脱毛に気付いた頃には、既に症状が重くなっていることがほとんどですから、こうして未成年である若い頃から育毛剤を使い始めることが、髪の毛や頭皮には一番良いことなのです。なので今から高校生や大学生の頃から育毛を始めても、全く早いことは無いんです。未成年の皆さんも是非、育毛剤で育毛を始めてみてくださいね。

育毛剤は保険適用される?

薄毛や脱毛といった症状が現れた場合に病院で診察してもらうことがありますが、治療には保険が適用されません。それと同様に、育毛剤も保険適用外となっています。薄毛や脱毛の症状があるという人はとても多くいらっしゃいますが、その現実に対しては非常に優しくない状況であることが事実です。病院での治療にしても育毛剤による治療にしても、健康保険または医療費控除の対象にはならず、治療費はすべて自分で支払わなければならないことが現状です。

では、どうして育毛には保険が適用されないのでしょうか?それには育毛に対する一般的な認識が大きく関係しています。薄毛や脱毛といった症状は、放っておいても重い病気になることはありませんし、髪の毛が薄くなったり抜けたりする以外に身体に害を及ぼすことはありません。保険が適用される治療というのは「身体に害を及ぼす病気」にのみ行われるものですので、育毛のように放っておいても特に大きな影響を及ぼすことがない症状の場合は、保険適用外となっているのです。育毛と同様に扱われる例として、美容整形なども保険適用外の治療に当てはまりますね。施術内容によっては多額の施術費がかかる美容整形ですが、費用はすべて自己負担になっています。育毛も一般的には美容整形と同じような認識がされているため、保険適用がされていないという訳です。

以上のように、育毛は保険適用外となっていますが、費用を自己負担すれば病院でも治療は受けることができます。また、近年では市販されている育毛剤もたくさん販売されていますので、気軽に育毛を始めることもできるようになりました。さらに育毛剤は自分でも手作りすることができるので、その場合は保険などの心配は要りませんね。育毛をするには、自分に合った育毛方法を見つけることが先決です。自分にはどのような育毛方法があっているのか、様々な方法を試してみましょう。簡単にできる手作り育毛剤については【育毛剤の手作り方法】をご覧になってください。皆さんも自分に合った育毛方法を見つけて、是非育毛を成功させてください。

育毛剤とホルモンの関係

薄毛や脱毛の症状が現れる原因の一つに「男性ホルモン」が関係しています。男性ホルモンが過剰に分泌することで、薄毛や脱毛の症状が現れてしまうのです。男性ホルモンが関係している薄毛や脱毛の症状のことを「AGA(男性型脱毛症)」と呼び、主に成人男性が発症していますが、中には女性にもAGAの症状が現れる場合もあります。女性の場合は「Female AGA(女性男性型脱毛症)」という名称で呼ばれています。AGAとFemale AGAとでは症状が少し異なる点があり、AGAの場合は薄毛や完全に髪が抜け落ちてしまうような症状が見られますが、Female AGAの場合には完全な脱毛という症状が見られることは非常に稀で、薄毛や髪が細くなったりする症状が主に見られています。男性ホルモンが優位になってしまうことで、男性型の脱毛症状の一部が現れてしまうという訳です。AGAについての詳細は【AGAとは】でも掲載していますので、もっと詳しく知りたいという場合にはそちらもご参考にしてみてください。

このような男性ホルモンが関係している薄毛や脱毛の症状を改善するために、育毛剤があります。育毛剤には男性ホルモンを抑制される成分が配合されているので、男性ホルモンの分泌量を抑えることができ、結果として薄毛や脱毛を改善または予防することができるのです。なのでAGAやFemale AGAの場合には、男性ホルモンの抑制成分が配合されている育毛剤を選んで使用することをオススメします。血行を良くする成分や保湿効果が高い育毛剤もありますが、AGAやFemale AGAの場合には男性ホルモンの分泌を抑えることを第一に考えましょう。育毛剤にはどんなものでも血行促進成分や保湿成分は配合されていますので、頭皮環境も健康な状態に導くことができます。より高い血行促進効果や保湿効果を得たいという場合には、育毛剤を併用することもオススメです。育毛剤の併用についてはいくつか注意点があるので、その点は守って頂かなくてはいけませんが、違う育毛効果が得たい場合には育毛剤を併用してみてください。詳しくは【育毛剤は併用していいの?】に掲載しているので、是非そちらもご覧くださいね。

育毛剤で保湿は出来る?

育毛剤の主な効果としては、薄くなった髪の毛を濃くすること、脱けてしまった髪の毛を新たに生やすこと、頭皮の血行を良くすることなどが主に挙げられますが、育毛剤の使用によって「保湿効果」も十分に得られるようになっています。育毛と保湿はあまり関係がないように思えるかもしれませんが、実はとても深い関係があるのをご存じでしたか?育毛は健康な頭皮があってのものなので、まずは髪の毛を生やす前に頭皮の状態を健康に改善していく必要があります。そして、頭皮を健康的に保つために必要なのがこの保湿です。頭皮が乾燥していたり、頭皮が炎症を起こしていたりすると健康的な育毛は望めません。頭皮が炎症を起こすことも、皮膚が乾燥していることが原因になっていることがよく見られています。頭皮に何らかの影響が出た場合は、乾燥が原因として挙げられるのです。そこで、乾燥した頭皮を改善するためには高い保湿力が必要になりますから、育毛剤には保湿成分もしっかり配合されているということですね。

主に育毛剤に配合されている保湿成分としては、アロエエキス、みかんエキス、海藻エキス、イチョウエキスなどのナチュラルな成分が高い効果を発揮しています。また、セリンなどのアミノ酸類にも保湿効果があるので、育毛剤にはよく配合されていますね。頭皮や髪の毛の潤いを保つ働きをしてくれます。保湿成分には、頭皮に効果のあるものと髪の毛に効果のあるもの、その両方に効果があるものに分類されるので、自分が求めている保湿効果が得られる育毛剤を選ぶようにしましょう。育毛剤の種類によって配合されている保湿成分は様々ですが、特にナチュラルな成分による保湿力はどれも非常に良い効果がありますので、まずは育毛剤を実際に使って、使用感を試してみることをオススメします。育毛効果はもちろんですが保湿効果についても自分に合った育毛剤を選んで頂きたいので、是非いろいろな種類の育毛剤を使用してみてくださいね。

育毛剤は併用していいの?

一つの育毛剤を使用していると、他の育毛剤の効果がどんなものなのか気になることがありませんか?育毛剤は通常一つの種類を使用しますが、場合によっては併用することも可能です。「育毛剤は併用してもいいのか?」という質問もよく聞かれますし、実際に併用して育毛効果を実感している人もとても多くいらっしゃいます。しかし、併用するにあたってはいくつかの注意点がありますので、それらをしっかり守った上で育毛剤を併用するようにしましょう。

まず、いつも使っている育毛剤ではどのような効果が得られていますか?育毛剤の併用の必要が無い場合に併用をしても、特に効果が上がるというわけではないので、今使っている育毛剤で十分な育毛効果がある場合は育毛剤を併用する必要はありません。育毛剤の併用は、一つの育毛剤を使い続けてもあまり育毛効果が見られないという場合にオススメしています。また、育毛剤を併用するときも、パッケージに「他の育毛剤とは併用しないでください」などといった注意書きがされている育毛剤も絶対に併用はしないでください。育毛剤は薬剤ですので、育毛剤に配合されている成分によっては互いに効果を打ち消し合ってしまう恐れがあります。育毛効果が現れなくもなりますし、頭皮への悪影響も考えられます。育毛剤を併用する前に、以上のことに十分気をつけるようにしましょう。

では、実際に育毛剤を併用する場合についてですが、いつも使っている育毛剤の効果をまず把握しておきましょう。効果を把握した上で、併用する育毛剤で得られる効果を見極めていきます。同じ効果があるとされている別の育毛剤を併用しても高い育毛効果が得られるわけではないので、今使っている育毛剤とは違う効果が期待できる育毛剤を選ぶようにしましょう。また、併用する育毛剤は頭皮への刺激が少ないものから順に使っていくことをオススメします。育毛剤は少なからず頭皮へ刺激を与えるものですから、どちらかというと刺激が少ない育毛剤の方から使っていきましょう。そうすることで頭皮に育毛成分がより浸透しやすくなります。

以上のように育毛剤の併用は可能ですが、注意点をしっかり守った上で使用してください。もし育毛剤を併用して頭皮にアレルギー症状などの何らかの変化が見られた場合は、すぐに使用をやめて皮膚科の医師の診察を受けてくださいね。

育毛剤で髪の毛は太くなる?

育毛剤に期待できる効果として主に挙げられるのは、脱毛した箇所から髪の毛を生やすこと、薄くなった髪の毛を濃くすること、痩せて細くなった髪の毛を根本から強く太く育てること、頭皮の血行を良くすること、頭皮や髪の毛を健康な状態へ導くことです。髪の毛を生やすことは、育毛剤や発毛剤にはなくてはならない効果ですが、髪の毛を濃くしたり太くしたりすることも育毛剤の効能として挙げられます。育毛剤はただ単に髪の毛を生やすだけではなく、より濃く太く髪の毛を育てていくことができるので、「最近、髪の毛のボリュームが落ちてきた」「髪の毛が細くなってきたように感じる」など、特に脱毛の症状がない場合にも使って頂けます。発毛剤は髪の毛を生やすことをメインに処方された薬剤ですが、育毛剤は髪の毛を健康な状態に改善していくことが主な効能ですから、髪のボリュームアップをしたいときや髪を太くしたいときには育毛剤を使って髪の毛を健康に育ててあげることをオススメします。特に女性は、年齢を重ねるごとに髪のボリュームが落ちてきたり、髪の毛にコシやハリがなくなってきたりすることが多くなりますよね。育毛剤はそうした元気がなくなった髪も生まれ変わらせることができます。髪が元気になると心まで明るくなりますから、美しさをずっと保ちたいという女性の皆さんにも育毛剤はとてもオススメですよ。

ちなみに育毛剤の中でも特に髪の毛を太くする効果のある成分としては、超鎖ポリリン酸、ビタミンE、ビタミンC、EPC(ビタミンEとビタミンCの複合体)などが有名ですね。亜鉛やアミノ酸なども髪の毛を太く健康にするために良い効果を発揮してくれます。これらはほとんどの育毛剤に配合されているものなので、育毛剤には髪の毛を太くする効果があると改めてお分かり頂けるかと思います。髪の毛が細くて悩んでいる人は、是非育毛剤を使って髪の毛を太く濃くなるように育ててみましょう。すぐに結果が出る訳ではありませんが、継続して使っていくことで必ず結果が出るのが育毛剤です。諦めずに根気強く育毛剤を使い続けていくことで、徐々に高い育毛効果が現れてきます。皆さんも育毛剤を継続して使うことで「育毛を成功させた!」という結果を出してくださいね。

ひげに育毛剤は効果ある?

よく聞かれる質問のひとつに「育毛剤でひげも生えますか?」といった質問があります。確かにひげも髪の毛と同じように生えてくる毛ですが、髪の毛とひげでは毛質が異なります。髪の毛はどちらかというとやわらかく、ひげはかたい毛ですから、髪の毛と毛質が異なるひげに通常の育毛剤を使用しても、頭皮に現れるほどの効果は見られないでしょう。通常の育毛剤は主に頭皮に使用するものですので、ひげが生えてくる部位に使ってしまうと肌荒れなどの原因にもなります。以上のようなことから、頭皮用の育毛剤はひげを育毛するために使用することはオススメできません。

しかし、髪の毛専用の育毛剤ではなく「ひげ専用の育毛剤」というものも販売されているので、ひげを育毛したいという人は是非ひげ専用の育毛剤を使ってみてください。ひげ専用の育毛剤は以前から販売されていて、ひげ以外にも眉毛や脇毛、胸毛、すね毛、性毛などの部位に効果がある育毛剤として有名です。ひげ専用の育毛剤の購入者は、体毛が薄い男性がほとんどといって良いでしょう。髪の毛以外にも体毛が薄くて悩んでいる男性は意外に多く、こうしたひげや体毛専用の育毛剤が販売されているのです。ひげ専用の育毛剤も髪の毛の育毛剤と同様に様々な種類があり、軟膏タイプやクリームタイプなどが主となっています。使用方法は、ひげや体毛を育毛したい箇所にまんべんなく塗って使用します。いくつかの育毛剤を使ってみて、自分に合った育毛剤を見つけてください。そして、ひげ専用の育毛剤も継続して使っていくことでだんだんと育毛効果が現れてくるものなので、長く継続して使っていきましょう。途中で諦めずに、育毛効果が現れてくるまで根気強く続けていくことが大切ですよ。また、ひげ専用の育毛剤を使用する前には「パッチテスト」を必ず行うようにしましょう。パッチテストは髪の毛の育毛剤を使用する際にも、アレルギー反応の予防として必ず行って頂きたいことです。ひげ専用の育毛剤も薬剤のひとつであることに変わりはありませんので、アレルギー反応をチェックするために必ずパッチテストを行いましょう。パッチテストで異常がないかを確認できたら、ひげ専用の育毛剤の使用を始めるようにしてくださいね。

育毛剤のにおいの原因

育毛剤を選ぶときにしっかり念頭に置いておきたいことに、育毛剤の「におい」があります。これまで育毛剤というと、においがキツイ、刺激臭がする、何となくくさい、といったように嫌な印象しかありませんでした。この育毛剤特有のにおいの原因は、育毛剤に含まれている様々な薬剤や生薬が関係しています。様々な薬剤や生薬によって、薬のような刺激臭がしてしまうのです。こうした嫌なにおいがしていると自分でも育毛剤を使い続けるのが嫌になってしまいますし、周りの人へ与える印象もとても気になりますよね。女性はもちろん男性も、職場で育毛剤のにおいをまき散らす訳にはいきませんが、実際に育毛剤のキツイにおいは他人にもよく伝わってしまうものです。とは言っても、やはり育毛剤を使用していることは男性でも女性でも誰にも知られたくないことです。「周りに育毛剤を使っていることがバレてしまうんではないか?」などといった育毛以外の不安も出てきてしまいますから、育毛剤のにおいからはできるだけ避けたいものですよね。

そこで、近年たくさん販売されるようになってきたのが、香りの良い育毛剤です。育毛剤特有の刺激臭を緩和した育毛剤で、従来からの育毛剤に比べてかなりキツイにおいが抑えられています。中には爽やかな柑橘系の香りがする育毛剤もあり、女性に人気の育毛剤として多くの人たちが購入されています。刺激臭の強い育毛剤は周りにも「育毛剤を使ってるみたい」と気付かれてしまうことがありますが、こうして良い香りが漂っていれば育毛剤を使っているとは思われませんし、育毛剤のにおいだとバレることもありません。育毛剤は効果や効能だけではなく、においの面でもかなり改良が繰り返されているので、今後も良い意味で「育毛剤らしくない育毛剤」が発売されるでしょう。皆さんも育毛剤を購入するときには、育毛効果の他、育毛剤のにおいについても気にするようにしてみてください。育毛剤は継続して使用しなければ効果を発揮しませんので、継続して使っていけるように良い香りのする育毛剤を選んで使用することをオススメします。

育毛剤で頭皮が赤くなる場合

育毛剤を使用して、頭皮が赤くなったりかゆみが出たり皮膚に何らかの症状が起きたことがある場合は、育毛剤によるアレルギー症状が現れていることが考えられます。育毛剤は薬剤ですから、人によっては肌に合わない場合があります。育毛剤に限らず、シャンプーやリンスなどの洗髪剤でもこうした皮膚の赤みやかゆみの症状が起きることがありますから、もし今までシャンプーやリンスを使って頭皮にアレルギー症状が出たことがある場合、育毛剤の使用にも十分注意する必要があります。育毛剤はシャンプーやリンスよりも強いアレルギーが起きる恐れが高く、皮膚の赤みやかゆみの他にもヒリヒリとした刺激感や痛みを伴う症状も見られることがあります。なので、シャンプーやリンスその他化粧品などでアレルギー症状が出たことがある場合には、育毛剤の使用を控えるか、皮膚科の医師に診断してもらいどうしたら育毛剤を使用できるかよく相談してみてください。

以上のような育毛剤による頭皮の赤みやかゆみなどのアレルギー症状を予防するために「パッチテスト」というものがあります。パッチテストとは、事前にアレルギーがないかをチェックするためのもので、育毛剤だけではなくカラーリング剤や白髪染めなどの様々な薬剤を使用する場合にも行うことを勧めています。パッチテストを行う方法はとても簡単なので、育毛剤を使用する前には必ず行うようにしましょう。育毛剤を二の腕の内側に少しだけを付着させ、そのまましばらく1時間程度放置して待ちます。その間に赤みやかゆみなどのアレルギー症状が起こらなければ、育毛剤を頭皮に使用しても大丈夫です。しかし「頭皮に使ったら赤くなってしまった」という例も少なからず見られています。育毛剤は頭皮に合わなければ意味を為しませんので、少しでもアレルギー症状が起きた場合には使用をすぐに中止して皮膚科を受診してください。安全で安心に使えるように、必ず自分の頭皮に合った育毛剤を継続して使っていくようにしましょう。